女性が抱える足の悩み

夕方になるとむくみでパンパン、靴がきつくて履けない。
外反母趾で合う靴がない。
冷え、O脚、下半身太り。
など、など女性の足と脚にはトラブルやお悩みが山のようにあります。

歩くと痛いタコやウオノメ、削ると一見キレイになり治ったかなと思えるけど、またすぐに硬くなり、繰り返していると皮膚にダメージを与えるばかり・・・

むくみにはマッサージ。すっきり軽くなるけどまたすぐにむくむ、またマッサージを受ける・・・のくりかえし。

ハイヒールをやめても外反母趾が痛い、靴がきついのかもと大きなサイズを履いてみると良くなるどころか痛みは増す、靴ジプシーをしている間にどんどん進行してしまった。

すこしでも美脚になるためにフットケアグッズを試し、ダイエットしてみてもなぜか下半身だけ立派なまま。
真夏でも靴下を重ね履き、なのに足先が冷たくて寝付けない。

けして珍しいことではありません。
多くの女性が経験しているとことだと思います。

なぜ?どうして良くならないの?

これらはすべて「対処療法」と呼ばれる、表面的な方法で原因を改善していないため。
病院に行くほどでもなかったトラブルが、結局は外科的治療を必要とするほど悪化してしまうことになりかねません。 なかなか完治せずに、痛くない靴を求めて来店されるお客様はとても多くいらっしゃいます。

ではどうすればよいのか?

ある日突然、足にトラブルが起きた・・・
そう思われるかもしれませんが、実はそうではなく長年の蓄積により起きてしまった結果と言えます。
なんとなく履いている靴
何気ない姿勢のクセ
意識したことのない歩き方
足が痛いからなるべく歩きたくない

一見足のトラブルと関係なさそうなことですが、実は密接に関係しています。
「こんなことが?」というささいなことでも、長年続けていればやがて大きなトラブルとなり、それがまた他のトラブルの引き金になり、やがては取り返しのつかないことに。
そのため、靴だけを変えても、マッサージだけをしても、歩き方を変え一生懸命ウォーキングしたとしても、原因を根本的に改善しなければ効果は得られません。
そのため「足」「靴」「歩行」3つのトータルケアが必要なのです。

自然療法フットケアの特徴

削る、手術や薬を使う対処療法とは違う自然療法とは、自己治癒力を高め、からだ本来の力で治すことを目指します。
まずは足のトラブルの原因を見つけ出し、無理なく生活の中で自然に改善していきます。
そのため対処療法と違い、即効性は望めません。長い年月をかけて蓄積したトラブルは、1度ケアしたところで治すことは難しいのです。
根気よくケアを続けること、これがとても重要になります。

当サロンのフットケアは、お客様の症状に合わせたケアプランを立て、足靴歩行それぞれの問題を無理なく改善していきます。

青山フットケアアカデミーのフットケアメソッドに基づいた自然療法は、様々なトラブルに対応します。
そのためマッサージはこちら、タコはあちらと通う必要なく、当サロンだけでトータル的なフットケアが受けられます。
外反母趾やアーチの崩れに施すテーピング、タコやウオノメを保護するインソール、靴の診断と調整、歩き方の矯正と指導、すべて当サロンのセラピストがマンツーマンでサポートいたします。

足をケアすること、それは全身のケアにつながります。
トラブルも老化も日々進んでいきます。
今この瞬間が一番若い!!1日も早く始めることが根本改善の近道です。
サロンロータスブルームはお客様に健康と美脚、どちらも手に入れて頂けるよう全力でサポートします。

オンラインご予約フォーム