外反母趾・内反小趾

「外反母趾」よく耳にすると思いますが、原因をわかっていない人も多いと思います。単にハイヒールを履き続けていたから・・・だけではありません。反対に「内反小趾」はあまり聞かないと思われるかもしれませんが、「小趾が痛い」という方は多くいると思います。原因と対策を知り、進行させないことが重要です。

症状

足の親指(母趾)の付け根が外側に押し出されて、くの字に変形している状態が外反母趾、反対の小指(小趾)側で変形している状態が内反小趾です。
初期には痛みはほとんどなく、変形にも気づきにくいのですが、放置していても自然に治ることはありません。
進行すると見た目も悪くなり、何よりも耐え難い痛みが起きることに。ここまでくると靴も合わなくなり、痛みで歩くことも辛くなります。
そのうえ足元が不安定になり膝や腰へ負担がかかり、血流も悪くなるというまさに足から全身へとトラブルが連鎖する症状です。
ひどくなると外科手術が必要に。それを避けるためにもいち早く進行させないための対策が必要です。

根本原因

・足裏の3点アーチの低下(扁平足・開張足)
・ハイヒール、ピンヒールなど前滑りしやすい靴
・衝撃吸収性の低い靴
・柔らかく弱い足
・歩行時に趾が使えていない(浮き趾)不安定な歩行
・歩行の歪みにより間接に負担をかける


という問題が考えられ、この状態で歩けば歩くほどダメージを与えてしまいます。

自然療法フットケアによる解決法

最優先したいのは痛みや不快感を軽減すること。
そののち可能な限り進行を抑え、歩行により健康を促進できる状態を目標にします。

シューズセラピーで足裏のアーチを補正
1.シューズセラピーで足裏のアーチを補正

靴診断で靴を見直します。
インソール調整で「前すべり防ぐことにより趾への負担」と、「アーチを整え足裏にかかる衝撃」を軽減。 テーピングで母趾の曲がりと横アーチを正しい形に補正します。


シューズセラピーで靴を見直す
2.ウォーキングセラピーで歩行の歪みを矯正

歩行時の体重移動をインソールで矯正。
歩行の歪みを見つけ、正しいフォームを習慣化します。


レッグアロマトリートメントでむくみとコリのケア
3.レッグアロマトリートメントでむくみとコリのケア

むくみとコリを流すことにより血流を促進、膝や腰に併発している痛みを和らげます。


セルフケアのアドバイス
4.セルフケアのアドバイス

ケアを施した良い状態を保つことが根本改善への近道。
筋力アップやマッサージなど無理なく続けられるセルフケアをお伝えします。

以上のケアを続けることにより、歩くだけで血流の促進、免疫力アップによる自然治癒力が高められます。また、代謝もあがり活性化するため美と健康を維持することができるでしょう。

このように自然療法フットケアでは足、靴、歩行の3点から原因を探り改善していきます。
順序立てきちんとケアすること、焦らずじっくり向き合うこと、これが一番の近道。
当サロンでは効率よく施術を受けて頂けるようなトライアル(4回)ベーシック(8回)プレミアム(12回)の3つのコースメニューをご用意しております。
外反母趾、内反小趾のお客様に最適なケアプランをお作りしますのでまずはフットカウンセリングをお受けください。
ご予約お待ちしています。

オンラインご予約フォーム