女性の足とお悩み

女性特有の悩み

女性の足はトラブルの種類が多く悩んでいる方も多いと思います。女性の関節は柔らかく弱いため足が変形しやすい、そのためトラブルも多くなりがち。加えてデザイン性の高い靴を履くことも関係しています。

私がコンフォートシューズの販売をして感じたこと。とにかく女性は足のどこかが痛い!ということ。9割のお客様が何かしらのトラブルを訴えています。

女性特有の悩み
外反母趾
内反小趾
タコ・ウオノメ
巻き爪
むくみ
冷え
足裏の痛み
膝、腰の痛み

などなど。
年齢が高くなればなるほどトラブルも多く深刻になります。
そして皆同じことを話されます。

「私の足、難しいから」
「足癖悪いの」
「何足も買ってはムダにしている」
「靴にいくら使ったかわからい」

そしてそういう方に限って
ストラップはイヤ
ひも靴はイヤ
ヒールは1㎝でも高い方が良い
おばさん臭いのはイヤ
もっとオシャレなのないの

痛くなければいいのよとは言いつつも、靴に対しての条件が多くて厳しいのです。

足と脚

「あし」にはふくらはぎから太ももの「脚」(leg)とくるぶしから下の「足」(foot)と大きく2つに分けることができます。

脚にあるふくらはぎは「第2の心臓」とよばれ血液を循環させる役割を果たしていますし、足にある「アーチ」は全身を支え、衝撃を吸収するというどちらも重要な場所でありながら、内臓がまったく入っていないため関心が薄く無頓着になりがちでした。

開帳足と扁平足

そもそもなぜ足にはアーチがあるのでしょうか?
それは、このくぼみがクッションの役割をし、足から頭までの内臓や脳といった大切な機能に衝撃がいかないように吸収するため。
アーチには、かかとから母趾の付け根と、小趾の付け根にかけての縦アーチ2本と、母趾の付け根から小趾の付け根を結ぶ横アーチの合計3本があります。
縦アーチが低下した状態を「扁平足」横アーチが低下した状態を「開張足」といいます。

扁平足だと歩きにくく疲れやすい、足裏の血管や神経が圧迫され血流が悪くなります。そのため、むくみやすく冷えの原因に。
開張足は趾が使いにくい浮き趾になり、趾の付け根で歩くため歩行が不安定になり、足裏の中央にタコウオノメができやすくなります。クッション性が無くなるため、膝や腰を悪くする原因にも。
悪化させると足裏に激痛が走るようになり、何を履いても足が痛いということになりかねません。

もともとアーチは生まれつきあるものではなく、幼少期の活発な外遊びにより後天的に形成されるものです。
また大人になってからも不安定で構造のよくない靴やサイズの合っていない靴をはき、趾をきちんと使わない歩き方、歩行不足などアーチを低下させてしまう要因が数多く日常に存在します。
そのため日本人の90%以上が扁平足・開張足だと言われています。
多くのトラブルにはこのアーチの問題が深く関わっていることがわかると思います。

今、「足」に注目されている!

最近は少しずつ注目されはじめ、テレビや雑誌でも特集されるようになりました。
先日も健康番組で、若いタレントさんの足裏をチェックするというコーナーがありました。
とてもスリムで美脚、若いしトラブルもなさそうでしたが、「足のむくみがひどい」という悲しい結果になりました。

原因は常に履いているハイヒールでした。
特に厚底のヒールを好んでいるためにアキレス腱が硬くなり、ふくらはぎのポンプ作用が弱っているためむくみがひどくなったという診断でした。
その先生はむくみにマッサージとは言いませんでしたし、ふくらはぎのポンプを正常にすることが大切とおっしゃっていました。
解決法は足首を柔らかくするトレーニングをすることだったので、この番組を見て自分でもやってみようと思う方も多くいることでしょう。
しかしどんなに効果的なトレーニングをしても、ハイヒールやピンヒールといった安定の悪い靴や、構造の良くない靴を履き続けていてはむくみの根本改善にはつながらないでしょう。

靴だけが悪者?

靴はファッションとして様々なデザインがあります。
でも、靴は大切な足と全身を支える道具でもあるのです。
良い靴で正しく歩けば足を守る事ができますが、合わない靴や悪い靴で歩きクセのあるままでは大切な足を痛めつけ、全身に不調を起こすことになります。

足のトラブルはある日突然出てきたわけではありません。
長年の積み重ねで起きた結果だと言えます。
そしてそのトラブルの原因は靴だけではなく、歩き方にも密接に関係しています。
足を見れば歩き方のクセや腰痛、膝痛などもわかるくらい、想像以上に全身に影響を与えています。

いくら効果的なトレーニングをしても、靴や歩行が変わらなければ結局足のむくみは無くならない。
靴を変え、足をしっかり使う歩き方をしなければ、根本改善にはならない。


誰かがアドバイスしてくれなければ、これに気付くことは難しいです。
私も靴を販売し、ヒールの高いものは良くないと言いつつ、ではなぜ、どうして良くないのかはっきりと伝える事はできませんでした。

なぜハイヒールが良くないのか?履いてはいけないの?
どんな靴をはけばいいの?良い靴の選び方は?サイズは?
どう歩けばいいのか?
正しい歩行のためにどうすればいいのか?
これらをすべてクリアにすること、それを維持すること。
これがとても大切な「足」「靴」「歩行」のトライアングルなのです。
そして実際にトータルでアドバイスするのは、AFA式自然療法フットケア以外ほとんど見つからないでしょう。

女性の足と靴の問題、複雑で深い悩みです。
人知れず悩むことや、いろいろ試してもまだ解決していないこともあるでしょう。
当サロンではお悩みに寄り添いトラブルに見合ったケアやアドバイスでお客様をサポート致します。

特に多いトラブルと悩みを症状別で、原因と改善法をご紹介しています。
そちらもぜひ合わせてご覧ください。

「外反母趾」「タコ・ウオノメ」 、 「巻き爪」 、 「むくみ」 「膝、腰の痛み」


オンラインご予約フォーム