タコ・ウオノメ

気づくといつの間にかできているタコ。歩くたびに痛いウオノメ。削っても、削ってもまたできてしまう・・・
タコやウオノメは自然にできてしまう、仕方のないものとあきらめていませんか?

症状

タコとは皮膚が角質化し、分厚くなった状態。
さらに深いところまで芯ができて伸びていったものをウオノメと呼びます。
ウオノメになると神経に触れて、歩くたびに痛みが出るかなりつらい症状です。
これらは過度な負担がかかっている証拠、削ることによりさらにダメージを与えてしまうため、原因を取り除くことが大切です。

根本原因

足の特定の部分に継続的に衝撃や圧力が加わっているため、からだが守ろうとして皮膚を厚くしていきます。
(防御反応)
原因は以下のことが考えられます。

・靴が合っていないため、継続的に衝撃を加えている
・薄いソールの靴を履いて、舗装道路など硬い路面を歩く
・横アーチが低下した状態(開張足)により常に圧迫されている
・ヒールの高い靴で前すべりを起こし、過度な負荷をかけている
・歩き方の歪みにより足に過度な負担と衝撃を与えている


このように原因を取り除かなければ、いくら削っても同じことの繰り返しになるのです。

自然療法フットケアによる解決法

まずはタコやウオノメを保護し、痛みや角質化を和らげることを優先します。
そのうえで靴のフィッティングや歩き方のクセを見直します。

角質・タコを保護
1.角質・タコを保護

衝撃吸収性の高いシートで保護し、圧力を軽減します。


ウォーキングセラピーで歩き方の歪みを矯正
2.シューズセラピーで靴を見直す

靴診断により、履き靴のチェックをします。靴を足に合わせ、特定の場所に負担のかからないようにフィッティングを見直します。 合わせてアーチの低下により起きる足裏中央への圧力を和らげるため、テーピングやインソールで調整します。


シューズセラピーで靴を見直す
3.ウォーキングセラピーで歩き方の歪みを矯正

靴の内側に足をぶつけるような歩き方、趾を使わない歩き方などを矯正します。 歩き方を直すために必要なトレーニングを合わせて行います。


フットアロマトリートメントで質のよい筋肉を保つ
4.フットアロマトリートメントで質のよい筋肉を保つ

痛みを避けるため、趾を使えないために硬くなったふくらはぎをほぐします。 血流を促進することにより、皮膚のターンオーバーを助けます。

セルフケアのアドバイス
5.セルフケアのアドバイス

正しい歩行に必要なセルフトレーニングやマッサージなど、無理なく続けられるセルフケアをお伝えします。

皮膚は年齢にもよりますが、約30日で生まれ変わります。そのため2~3カ月でタコは自然に消滅し、柔らかい皮膚に戻ります。
痛みのないタコや角質なら削るなどせずにまずはこの方法を根気よく続けてください。
なお、痛みがひどく我慢できないウオノメは皮膚科などで除去するなど、外科的処置をご相談ください。そののち、自然療法で再発させないようにケアすることをお勧めします。

タコ、ウオノメの原因は足、靴、歩行が大きく関わっており、また根気よくケアを続けることが必要です。
当サロンでは効率よく施術を受けて頂けるようなトライアル(4回)ベーシック(8回)プレミアム(12回)の3つのコースメニューをご用意しております。
タコやウオノメにお悩みのお客様に最適なケアプランをお作りしますので、まずはフットカウンセリングでご相談ください。
ご予約お待ちしています。

オンラインご予約フォーム