膝痛、腰痛

膝痛で一番多いのが「変形性膝関節症」と言われるものです。
腰痛はさまざまなタイプがありそれぞれに症状が異なります。
どちらも「歳のせい」「体重を減らせ」などとして片づけられてしまうこともよくあります。

症状

キシキシと膝が痛む、重くてだるい腰・・・毎日が憂鬱なうえに行動も制限されてしまいます。
特に日本人に多い「変形性膝関節症」はクッションの役割をしている軟骨が、間違った膝の使い方ですり減ってしまい、炎症や変形が生じ膝に痛みが現れます。
腰痛の場合には様々なタイプがありそれぞれ症状が違いますが、足からくるものは腰にはりやだるさ、重さ、ときにO脚を伴ったりするもので、腰の位置が左右でズレていたりします。整体などで腰のズレを調整してもまた元に戻ってしまうのが典型的な症状です。

根本原因

変形性膝関節症の多くは「扁平足・開張足」「ハイヒール・ピンヒールなど構造の悪い靴の常用」「歩き方の歪み」など。
膝関節が変形して痛みなどの症状が出るには数十年かかるとされていますので、若いうちから少しずつ進行させているのに気づかない、ということになります。 「加齢」や「体重の増加」の前に「歩行時の膝関節の間違った使い方」が潜んでいることになります。

腰痛の場合は上半身からくるもの、心因性のもの、下半身つまりは足からきているものなどさまざま。
特に足からくるものは「扁平足・開張足」「足の疲れとコリ」「構造の不安定な靴」これらの結果として、体の外側に重心が抜ける歩き方によって日常的に起きています。
また、大きさ長さなど左右差のためアンバランスになり腰に負担が来ている場合もあります。

自然療法フットケアによる解決法

足・靴・歩行3方向への対策ケアを総合的に施すことが効果的です。

低下した3点アーチのサポート
1.低下した3点アーチのサポート

たてアーチをインソールで人工的にサポートし、よこアーチをテーピング補正し、趾を使いやすくします。


靴の構造の適正化
2.靴の構造の適正化

構造の悪い靴を日常的に履かないようにし、足に合わせフィッティングを見直します。


ウォーキングセラピーで体重移動を改善
3.ウォーキングセラピーで体重移動を改善

膝・腰に負担となる歩行時の体重移動を歩行矯正パッドで修正します。
ウォーキングレッスンで正しいフォームを覚え、歩行を安定化。膝・腰に負担のかからない歩き方を習得します。

ウォーキングセラピーで体重移動を改善
4.フットアロマトリートメントでバランスよい筋肉を保つ

歩行の歪みやねじれによって起きたふくらはぎのコリをほぐし、バランスよく筋肉を使えるようにケアします。

ウォーキングセラピーで体重移動を改善
5.セルフケアのアドバイス

膝や腰に負担のかかりにくい歩行に必要なトレーニングやマッサージなど無理なく続けられるセルフケアをお伝えします。

以上のような対策をトータル的に施すことにより、足元からくる負担を減らし、痛みや不快感を軽減しながら状態の根本的な回復へとつなげていきます。
膝痛・腰痛の対策として活用する技術は数種類あり、順序良く施す必要があります。
自然療法フットケアのメソッドに基づいて正しくケアを進めることが大切です。

当サロンでは効率よく施術を受けて頂けるようなトライアル(4回)ベーシック(8回)プレミアム(12回)の3つのコースメニューをご用意しております。
病院へ通っていてもなかなか治まらない膝痛・腰痛でお悩みのお客様に最適なケアプランをお作りしますので、まずはフットカウンセリングでご相談ください。
ご予約お待ちしています。

オンラインご予約フォーム